フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

歳時記

« 【1618】こわ餅 & こごめ | メイン | 【1620】宮之浦岳登山 »

2016年3月21日 (月)

【1619】横山岳残雪登山

横山岳 1131.7m 長浜市北部
日程:2016-03-21 天候:晴れ メンバー:浅井山の会18名
コース:東峰登山口(8:20)⇒(10:30)東峰(11:00)⇒東峰登山口(12:30)

****************************************************************

三度目の正直・・・毎年3月に予定されていた横山岳の登山は、残雪が多くて流れてしまっていたが、暖冬の今年、とうとう実行となった。

杉の集落から網谷林道に入り、夜這い橋の近くまで車で上がった。夜這い橋手前の分岐を右にとり、しばらく登ると「東峰登山口」の大きな看板が目に付く。

登りはじめから、急登、急登。尾根に出てもやはり急登。杉の植林地帯はすぐに終わって、ブナの原生林。厚く積もった落ち葉に、日が降り注いでいるが、風が冷たい。ブナの芽吹きはまだ少し先のようだ。所々にダンコウバイの黄色い花が咲いていた。

Dscn5250

登山道が雪に覆われだしたのは、金居原登山口への分岐を過ぎて間もなく。スノーシューもアイゼンも付けずに進む。時々雪を踏み抜いて、足が埋まってしまうが、何とか雪の上を歩くことができた。

Dscn5255

木の根の周りから雪が融け、そこのイワカガミなどの葉が広がりはじめていた。あとひとつきもすると、このあたりはピンクの絨毯を敷いたようになる。

Dscn5269_2



頂上
近くの稜線に立つと、右に残雪の山、左に余呉湖や琵琶湖が見えた。日差しはあるのに風が強く冷たい。一度脱いだ上着を、また着る。

最後の雪の急登を登って、東峰到着。予定よりかなり早くついてしまった。

Dscn5262

手前の美濃の山のさらに向こうに。真っ白の峯が見える。御嶽山や、乗鞍岳も見えているようだ。

Dscn5258

早めの昼食後、早々と下山。風が強いので寒くってたまらない。帰りの雪はさらに緩んで、何度も足を埋まらせながら下山した。金糞岳は、いつも見ている裏側(北)が見えたが、やはり雪が多く見えた。

Dscn5275_2


コメント

 こんばんは、やまgonです。ブログ拝見しました。3月中で数通のコメントをアップ、凄いですね。山だけでなく多彩な趣味に感心しました。特に、お水送りでは、近くとあって、懐かしいなと、それでもお水送りに参拝したのは、10年前です。近くにあっても、なかなか参拝出来ないですね。当時の記憶では、外人さんに廻りを占拠され、何も見るも出来ませんでした。随分と有名になりましたね。
 早春の横山岳、今年は暖冬と云われながらも随分と残雪があるのですね。貴会のお仲間さんと楽しい雰囲気が想像されます。
 当方は、仕事と家、家と山の繰り返し、時間があれば何処かの山に登っています、いつの日か、何処かの山で「あの時の方ですか」と出会いを楽しみにしています

こんにちは、やまgonさん。

>家と山・・・というところが、とっても羨ましいです。「仕事と家」があるからこそ楽しめるのでしょうね。

コメントいただいてレスが遅くなったのは、ちょっと遠出の山登りをしていたからです。今夜帰宅しました。
私にはきつい登山かなと心配でしたが、とっても素晴らしい思い出ができました。
またここにアップしますので、読んでいただければ嬉しいです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。