フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

歳時記

« 【1647】西穂高岳登山 | メイン | 【1649】武奈ヶ嶽登山 »

2016年10月23日 (日)

【1648】夜叉が池

夜叉が池 1100m 福井県
日程:2016-10-23(日) 天候:曇り時々晴れ メンバー:単独 コース:広野登山口(8:33)⇒あと2000m地点(8:56)⇒あと1000m地点(9:26)⇒夜叉が池(10:12~10:38)⇒登山口(12:04)

*********************************************************************************

夜叉が池は、最近岐阜県側からばかり登っていたので、今回は久しぶりに福井側から。今年はまだ「OH!]と叫んでしまうような紅葉にお目にかかってないので、夜叉ヶ池ならもうみられるだろうと出かけることにした。雲は多かったが、降水確率は「0」だった。
365号線より大門から広野ダムに向かうが、少し入ったところで、時期外のシャクナゲを見つけた。栽培種なのだろうが、真っ赤できれいだった。

Dscn6931

登山口の駐車場には、車は2台しかなかった。秋の日曜なのに少ないなあと驚いた。
トイレに行ったら登山届の用紙が置いてあったので、記入し提出。準備体操を済ませ出発する。

鳥居をくぐり、橋を渡る。平坦な道と思ったのはほんの束の間、階段状の登りが始まる。一気に登って、谷川がはるか下の方に見える。

Dscn6938

紅葉を期待していたのに、わずかに色づいたものがあるだけ。
次の橋を渡ったところに、「池まで2000m」の表示がある。

Dscn6942

葉が濡れていて、まるで雨の後のようだが、これも露なのだろうか。寒いぐらいであったのが、汗ばんできた。
「池まで1000m」を過ぎて休憩。往きには見逃していたが、「1500m」も帰路見つけた。

このあたりから、紅葉増えてきた。赤や黄ではなく、茶色が多いので、あまりきれいには見えない。たまに、クロモジのハッとする黄色、が目にはいる。

Dscn6954_2

標高1000m近くになると、さすがに色づいてきた。時々日があたると、ひときわきれいに見える。

Dscn6978

疲れがでてきたのか、もうすぐ池かなと思う頃、「池まであと500m」が現れた。200m、100mの表示があって、低い灌木になると、夜叉ヶ岳や、三周ヶ岳が見えてきて、夜叉ヶ池に到着。岐阜県側からの人も、それほど多くなく、静かな夜叉が池だった。

Dscn6965_2

池の周りにはかなりの風がある。先に進んで、夜叉ヶ壁の側の高いところに立つと、さらに強風。福井県側の山は、遠目にはきれいに色づいていた。

Dscn6963_2

また池の淵の木道を戻り、夜叉姫祀碑の近くで昼食をとった。寒いので、ウィンドブレカーを羽織らねばならなかった。

夜叉が池だけと決めていたので、弁当を食べるとすぐに下山にかかった。登る時は、下山の2人とすれ違い、2人を追い抜いた以外誰にも合わなかったが、今度はたくさんの人とすれ違った。圧巻は80名を越す老若男女(?)取り混ぜた集団。
駐車場に着いたら、入りきれない車が、ずっと下の方まで置いてあった。

細い山道で対向者があるのは嫌だが、さすが12時を過ぎるて登る人はなくなる。
無事365号線に入り、途中「板取の宿」の跡を見て帰った。いつも気になっていたが、ようやく立ち寄ることができた。

Dscn7014_2

(メモ)自宅ー大門 54Km 大門―広野ダム 1K弱 全行程 68.8Kmor78.8Km

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。