フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

歳時記

« 【1648】夜叉が池 | メイン | 【1650】金糞岳登山道整備(11/6) »

2016年11月14日 (月)

【1649】武奈ヶ嶽登山

武奈ヶ嶽 865m 滋賀県高島市
日程:2016-11-03 天候:曇り時々雨 メンバー:浅井山の会19名
コース:石田川ダム登山口⇒水阪峠⇒武奈ヶ嶽頂上⇒石田川ダム

*****************************************************************************

比良山系の最高峰である「武奈ヶ岳」ではなく。高島トレイルの中ほどにある武奈ヶです。
当日の天気予報は、曇りながら降らない・・・はずだった。登山口手前の石田川ダムの駐車場で車から下り、雨具を付けるか否か迷っているうち、雨が落ちてきた。

同じ駐車場に、もう一組の団体がいた。この天気なのに他にも登る人がいると思って見ていたが、登山道整備のため集まった人たちだった。高島トレイルを、武奈ヶ嶽と反対方向に整備されるらしい。

駐車場からダムに沿ってさらに500mほど上ると、左手に登山口の表示がある。

Dscn7028

取り付からして急登。そして植林帯の急なジグザグ。先に出発した登山道整備のグループとくっついて長い列ができる。途中から先に進ませてもらう。

Dscn7031

なかなか手ごわい急登で、杉林で小休憩。水坂峠の分岐より北上。途中で雨が激しくなり、防水カッパのズボンをはかなかった者は、かなり濡れてしまった。

頂上近くの尾根に入ると、杉がなくなり紅葉の終わりかけた自然林となる。

Dscn7049

ガスの武奈ヶ岳頂上。Dscn7051

落葉が進んだ木は、豪雪に耐えた幹をあらわにしている。草紅葉がまるで花畑のようだ。日の光の中でみれば、さらにきれいだろう。

Dscn7059
Dscn7061

天候の良い日なら、さぞ素晴らしい眺望があっただろうと思われるが、あたりは濃いガスの中。恒例の集合写真も、うまく映ったかどうか。
頂上での昼食をあきらめ、比較的雨風の少ないスギ林まで下山。途中、一瞬雲が流れ、むかいの山が現れた。

Dscn7065

Dscn7068

水坂峠まで下り、少し日が差してきたので、眺望のよいところはないかと、トレイルを少し進んでみる。
今日一番の眺めだったのでは。はるかに琵琶湖を確認できた。

<pDscn7077 >Dscn7072

Dscn7073

駐車場までに、また雨に降られたりもしたが、登山の楽しさは残った。
下の写真は、ダムのところにあった「高島トレイル」の案内板より地図部分。

Dscn7087

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。