フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

歳時記

« 【1650】金糞岳登山道整備(11/6) | メイン | 【1652】鰤 »

2016年11月15日 (火)

【1651】七尾山登山

七尾山 691m 滋賀県長浜市・米原市
日程:2016-11-12(土) 天候:快晴 メンバー:山友など4名
コース:七尾公民館⇒南池登山口⇒七尾山頂⇒597mピーク鉄塔⇒醍醐登山口⇒七尾公民館

**************************************************************************************************************

伊吹山の手前に聳えている「七尾山」。西から見るとその名前意味がよくわかる。頂上から七つの尾根が延びているどっしりとした山だ。ずっと登ってみたいと思っていたが、誘ってくれる人がいて、やっと実現した。

七尾公民館(佐野町)に車を置いて、七尾山の方向に進む。大型車の通行する広域農道を横切ると登山口の標識がある。通行止めにしてあるが、『車両通行止め』と認識して、進む。

ゆるやかな、うっそうとした山道。
・・・と思っているうちに急登が始まる。
踏み跡はしっかりしている。近々に整備されたらしい新しい刈り跡。大きな標識もある。 DSCN7125.jpg

尾根が合流した少し先(550m)で、小野寺からの道と出会うが、一見したところ、踏み跡がはっきりしないように思われた。小休憩の後、また急登に挑む。土橋のような尾根を通り、やや左にある頂上を目指す。
「あとすこし」とか「もうちょっと」という看板が出てくるが、「何分」とか[何メートル」という具体的な数字がないので、「まあとりあえず頑張って歩くか」という気分。

頂上到着。30人ぐらいは入れるように、手を入れてある。

DSCN7136.jpg

二等三角点あり

DSCN7139.jpg

南西方向の展望。臥龍山(横山丘陵)の北端部分が見える。隣の尾根の黄葉もきれいだ。東側には、木に遮られつつ伊吹山がのぞめる。

DSCN7138.jpg

相撲庭に向かう表示(奥)と醍醐に向かう表示(左)。道がどの程度かわからないが、とりあえず次のピークをめざし、醍醐方面へ進んでみることになった。

DSCN7141.jpg

南池コースと違って。あまり使われていない。しかし最近の伐り跡もあり、一応は通れるようにしてある。自然林の尾根を、黄葉を楽しみつつ、足元に気を付けて進む。途中、右手に木立の切れ間から、米原市伊吹町板並地区の家々が見えた。

DSCN7143.jpg

最初のピーク(663m)は緩やかの登りの後の平坦な広がり。ルートを示す目印も見当たらないので、しばし思案の後、進行方向にいったん下って、右の高みに向かう。これは正解だった。植林地帯に入り、幹にテープを巻いて鹿害から保護してある杉が並んでいる。。
尾根を選んで進んで、小さなピークに達する。ここからまた、目印のテープが現れだした。

次の鞍部で、こちらに向かってくる人がいた。同じような山歩きの人かと思ったら、害獣調査のために歩いている人だった。この先の下山道について、貴重な情報を頂いた。この人に会ったおかげで、この先の見通しができたといってよいだろう。
ピーク近くの鉄塔まで登って、昼食をとった。

鉄塔より少し上ると、次の大きなピーク(597m)。朱いテープがたくさん取り付けてある。西側が伐採されていて、小谷山から、葛籠尾崎、湖上の竹生島まで見える。
「ここでお弁当にすればよかった!」と残念そうな声が上がる。

DSCN7144.jpg

伐採地に沿って下ると、鞍部に醍醐への表示があった。尾根を進む道もしっかりしていて、そのまま進めば、「七曲り峠」と呼ばれる、浅井・伊吹を結ぶ昔からの道に行きつくのだろう。

DSCN7146.jpg

所々崩壊した部分では、道を見失いそうになったが、おおむねしっかりした峠道であった。小流れが現れ、程なく谷川の形をとる。

DSCN7148.jpg

石の上を跳んで渡っていた川に、しっかりした橋が架かって、軽トラが入るような林道となる。川音や木漏れ日を楽しみながら下って、醍醐登山口に着いた。登山口にはロープが張ってあって、松茸山のため「止め山」となっていた。

醍醐から七尾公民館まで、左に今日の縦走路を見ながら歩いた。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。