フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

歳時記

« 【1654】賤ヶ岳~山本山縦走 | メイン | »

2016年12月26日 (月)

【1655】山仕舞い?

今年の残りがあとわずかになって、気持ちだけはセカセカ、イライラして、体は全く動いてない。いっぱいやることがある。でも天気予報では、明日からは寒さが増して、雪の心配もあるらしい。・・・となれば、今日ぐらいが山の登り納めかなと、年末の忙しい中、My home-groundともいうべき横山丘陵の最高点まで行ってきた。

石田神社登山口から入り、尾根を伝って送電線点検路を下山。

石田神社の前で、御手洗の竹筒とひしゃくの棚が、青々とした竹に変わっていた。手拭も真っ白。「年用意」という季語が浮かんだ。
このところ、俳句結社の主宰への年賀状の一句が出てこないので、イライラはさらに募る。

Dscn7272

石田山公園から林道を少し進んで、「城跡まで十町」の標。ここから道草をせずに登れば、頂上まで30分。落ち葉でふかふかの道を進む。

昨日、山に入ろうとしたら、イノシシ狩りの人たちが入山していて、散弾銃など食らってはたまらないので、他のルートに変えて歩いた。どこかにその成果の痕跡がないかと思ったが、イノシシの掘り返した跡しか見当たらなかった。
ニュースで、彦根城でイノシシが出て、襲われた人があったといっていた。食料の少ない冬は凶暴だとか。今まで平気で山に入っていたけれど、考えないといけないかなあ。

当然ながら誰にも合わず山頂。伊吹山は、北側が少し白い。

Dscn7275

尾根道は手入れされていて歩きよい。ただ、山頂直下の急な個所が崩れていて、雪が積もってからは歩きにくいだろうと思われた。木でも生えていればロープを張るのだが、笹ばかりなので支えるところがない。

家を出て1時間30分後の帰宅だった。すこしは体が温まった。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。