フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

歳時記

カテゴリ「ドジねえ!」の39件の投稿 Feed

2016年3月31日 (木)

【1621】わすれもの

わたしは、自分でも恥ずかしいと思う、「忘れん坊」だ。登山するのに登山靴を忘れて集合場所にいき、さあ出発というとき気がついて、仲間に迷惑をかけたことがある。

そういう自分を自覚しているから、忘れ物をしないように気を付けている。たとえば、持っていくチェックリストを作って冷蔵庫の扉に貼っておくとか、玄関の目に付くところに置いておくとか。

それでも忘れるときは忘れるらしい。

先日の屋久島行、忘れてはならないものは、航空機のチケット、お金、運転免許証。あとは何とかなりそうと思った。何度も確かめてスーツケースとリュックサックに荷物を詰めた。リュックサックは手荷物として機内持ち込みを予定して貴重品を入れた。

当日の朝、戸締り、火の元と点検して、少し余裕を持って車を出した。駅が見えてきた時、「あれっ?リュックはどこに入れた?」と、車内を見るとどこにもない。リュックがない。一番大事なものが入っているリュックが・・・・・!sweat01

一気に血が引いた。すぐUターンできないもどかしさ。のんびり走ってきた道を、焦りながら引き返す。「焦っちゃ事故だ」と言い聞かせつつも、イライラト信号待ち。余裕を持って出た分では、家までの往復は出来そうにない。

やっと家について玄関を開けると、リュックがつくねんと待っていた。どうしてこの大きな荷物が目に入らなかったのか。

結局、予定より一本あとの電車に乗ることができた。飛行機の搭乗手続きに間に合うぎりぎりの電車だった。電車に乗っている間、そして空港バスの乗り換え、バスに乗っている間、ずっと、「事故がありませんように、予定通りのバスに乗れますように、スムーズに運航しますように」と祈り続けた。苦しい時の神頼みだ。神様もあきれておられただろうが、罰も下りず、無事空港に到着することができた。

ありえないような忘れ物で、ハラハラドキドキの出発で始まった屋久島旅行、その後もあり得ないようなアクシデントがありましたが、ともかく宮之浦岳に登り無事帰宅することができました。

恥ずかしいドジなので、もっと小さい文字の方が良かったかもしれません。

2011年8月16日 (火)

【a08】にせ団十郎

昨年知人から朝顔の苗をもらった。「団十郎」とういう朝顔だそうな。私としては、朝顔は真っ青な色が好みだったが、「まあ茶色のような色って珍しいわね」と、種を取っておいた。

5月ごろ、夏野菜の植え付けのときは、「まだ早いでしょう」と横目で見ながらそのままにしておいた。6月に入って「さあ蒔きましょう」とおもって、種物が入っている入れ物を見たが、ない。「おかしいなあ、春には確かに会ったのに」と何度も探したが見つからなかった。

「もう蒔き時が終わった頃出てくるんだわ」とあきらめかけていた時、去年朝顔を絡ませていたあたりから、何か芽が出てきた。「これは、もしかしたらこぼれダネの朝顔かもしれませんよ」と観察しているとまさしく朝顔の葉。「ヤッター!good

たった1本だからと大切に育てました。蔓が延びてきたからと藁を綯って縄を作り、軒に登れるようにしました。やがて背丈より高くなり、軒に届くぐらいになりました。他所のお宅では朝顔が咲き出しました。「でもうちのは芽が出るのが遅かったから」と待ちました。

「それにしても遅いなあ、もうお盆も過ぎたのに蕾もできないのかなあ」と思いだしたころ、先端に何かついているのを見つけました。おやっと思ってよく見ると蕾です。しかも朝顔の蕾とは似ても似つかぬ蕾です。「ぎゃ~bomb

全く知らない蕾ではありません。ヒヨドリジョウゴです。いくら葉が似てたからって・・・・そりゃあないでしょう・・・・カッコウに抱卵されたウグイスの気分。

2011年7月18日 (月)

【999】エンジン切り忘れて

食い意地大王のわたしは、買い物に出たとき買ったおやつが、家に帰るまで待ちきれなくて、途中で食べてしまうことがよくある。
「わずか10分ほどで家につくのに、何でそれぐらい我慢できんの」と、自らツッコミを入れるのだが、いっこうに止まらない。

さて連日の暑さ、この夏初めてアイスクリームを買った。今までちょっと知らなかった形の、チョコが入っているアイスクリーム。
車を出してすぐ、もう食べたくなった。「でも運転中はヤバイかも。どこかに車を寄せるところがなかったかなあ。」
適当なところが見当たらないまま家まであと2キロというところで、農道に入ることを思いついた。

もう暗くなり始めて、あたりに作業している人は見当たらない。「よしよしこれであのアイスが食べられる」買い物袋をごそごそかき回して、目的のアイスを見つけた。初めてのタイプだから、開封の仕方がわからない。暗くって字も読めない。「早く開けて食べなくっちゃ融けてしまうよお」gawk

「カクン」 軽い衝撃にアイスと格闘していた顔を上げると、車の位置がおかしい。確か道の真ん中に停めたはずなのに。と、横を見てびっくり、すぐ横が川。右前車輪が道から川にダイブしそうな位置でかろうじて止まっている。「な、何が起こったの」

エンジンは掛かったままの上、レバーはドライブに位置に。どうやら「アイスが喰いたい」一心は、車の操作をうちゃってしまったらしい。
ダイブ手前で車が一時停止してくれたからよかったものの、場合によっては川の中に突っ込んで、目撃者も、救助者もない状態で、どんな悲惨なことになっていたか。自分のバカさ加減にぞっとした。

先日、山友から聞いた失敗談。村中総出の作業場へお茶を届けたとき、時間がすこし遅れたら夫君が仁王立ちで待っていたとか。慌てて車を降りてお茶を運び始めたら、「ああーっ!」という声。振り返ると、今降りた車が動き出して、川に突っ込んでいくところだった。その後集まっていた人たちの手で車は引き上げられ、夫君に散々叱られたという。時間に遅れた焦りと、夫君の仁王立ちが原因とか。

よく似た現象だが、どうも私のほうが原因がお粗末過ぎる。救急車やレッカー車を呼ぶ羽目になっていたら、村中どころか長浜市をはみ出るほどの笑いものになっただろう。よかったcoldsweats01

2011年7月 7日 (木)

【996】作戦成功

特にドジを踏んだということではなく、ドジの尻拭いのお話です。

【974】赤飯 で、湯沸しポットを詰まらせたことを載せました。小豆をポットで炊いたら(省エネのため)、管の中に入り込んだ小豆がふとびて、詰まってしまったというドジなお話です。

棒で突っつこうにも管は曲がっていてどうにもなりませんでした。このまま廃棄処分にするには悔しくって、何とかならないか考えに考えて、一つのアイディアに至りました。
それは
腐ったらどろどろ液状になって出てくるのではないかしら・・という案。ほかにもっといい案も出なくて、試してみることにしました。

試すといっても、ポットの詰まっていると思われる場所を水没させておくだけです。ポットの半分ぐらい水を入れ放置しました。

このところ暑い日が続いたので、もうそろそろ腐敗が進んだ頃だろうと、ポットを押して水を出そうとしたのですが、やはり詰まったまま。「やっぱりだめなのかなあ」と、指で穴に水を押し込むようにしていると、あらら件の豆が姿を現しました。
成仏して、もう幽霊です。体が白い膜に取り囲まれ、管の中をふわふわと浮き上がってきました。かといって、どうすることもできず、「かえって大きくなったんちゃうか」と独り言。

「やっぱりダメかぁ」中の水を捨てて底を見ると、幽霊のシッポが穴の縁に見えている。「うおぉ!」「あせるなあせるな!そっと引っ張り出してみぃ」

「ジャジャ~~ン!」という効果音か「スポッ!」かなあ。とにかく作戦成功の一瞬でありました。見事に取れました。ポットがものを言えたら、「ふーっ、出た」と便秘解消のようなセリフを吐きそうな・・・

とれたけど、お茶飲むのはちょっと抵抗あるなあ。お湯沸かして洗い物に使うとか・・・・また考え中。

2011年7月 2日 (土)

【994】サイドバイザーが・・・

少々お疲れさんの帰り道、車を運転していると、突然「バンッ」と大きな音が聞こえた。えっ、何よ、なにがあったんよ?

バックミラーを覗いても、今通ったところに何も障害物はないし、車にも衝撃を感じなかった。降りて確かめるも面倒で、変だなあと首を傾げつつ、そのまま帰宅してしまった。

次の日出勤して、駐車場に車を止めた。暑いこのごろのこと、窓をすこし開けておこうと助手席の窓を見てビックリ。ない、サイドバイザーがない!降りて外に出てみると、左側のサイドバイザーが、取り付け跡だけ残しすっかり消えていた。さてはきのうのあの音は、これが剥がれ取れる音だったのだとわかった。

しかしかなりの交通量のある道で、落ちたサイドバイザーが元の姿を留めているとは思えない。潔くあきらめようと思った。

さてなくなってしまったサイドバイザーをどうするか。もう10年以上乗っているし、後一年たって車検の時期が着たら乗り換えるつもりの車である。今更新しいものをつけるのはいかにももったいない。サイドバイザーは必要ないという人もいるけれど、雨の日や、暑い日の駐車中にすこし窓を空けておくのには重宝していた。私としては必需品に近い。

あと一年、なしで我慢するか、乗り換えの時期を早めるか、どこぞで廃車から外してくるか、う~~ん、迷うなあ。

2011年5月 4日 (水)

【974】赤飯

カテゴリー「経済」にして、省エネ作戦を披露できるはずだったのに、結果は・・・bearing

キッチンのストッカーの整理をしていたら、もち米が現れた。昨秋収穫したものでない事は確か。一昨年か、さらにその前の年か。食べられるかなあと思って洗ってみると、いけそう。好物の赤飯にして消費することにした。

赤飯となれば、相棒は「あずき」。これもストッカーにあった。封を切ってボールにあけてみる。艶々とした赤い豆が宝石のようにきれいだ。昔あずきが「赤いダイヤ」と称されたことがあったが、(それは値段をさして言ったのだが)目の前の輝きは、その名に恥じないものに思えた。しかしこのあずきもどうやら、古米に相応しい古豆とみた。とすれば煮るのに時間がかかりそうだ。

そこで閃いたflair「あずきを沸騰させて、煮汁とともに保温ポットに入れておくと、ガス代を節約して柔らかく煮ることができる」という方法を聞いたことがある。これは圧力釜よりも手間要らず&省エネになるに違いないと、早速たっぷりの水にあずきを入れ沸騰させた。

そこでさらに考えた。保温ポットは、単に温度の下がるのを押さえているだけだけれど、湯沸しポットなら、下がっても自動的に過熱してくれるから、絶対90度以上は保たれる。湯赤しポットのほうが、うまくあずきが柔らかくなるに違いない。

予測は的中。あずきと煮汁をいれ、しばらく置いて蓋をあけてみると、ふっくら膨らんだあずきができていました。これなら焦がす心配もないし、大成功。誰もいないのに、一人で鼻高々だったわけです。

馬鹿なことをしてしまったと気がついたのは、そのすこし後。なんとポットの給湯ラインに、あずきが入っていて、それが膨張して、管の中で詰まってしまったのです。棒をつっ込んで押し出すことも、水圧をかけることもできない、曲がりくねった狭い空間。1時間ほど何とかならないか苦闘しついにギブアップ。

省エネどころか、湯沸かしポット1台、おじゃんになりました。以前、ステンレス魔法瓶で、保温して発酵させようとして、発酵で出たガスで、蓋が飛んでしまったことまで思い出しました。考えが浅い自分を再確認です。

2011年4月16日 (土)

【965】自転車

足の筋肉が張っています。特に膝より下が「いててて!」という感じです。このところ俄かバイカーになって、古い自転車でギコギコ走り回っているせいなのです。

今日は昼ご飯を食べて、外を見るとすこし日がさしていました。風が強く、午前中は雨で気温も余りあがっていません。サイクリング日和とは言いがたいけれど、急性自転車中毒の身としては、落ち着いていられなくなりました。

行き先は決めています。米原市の湿原と図書館と食品スーパーです。自転車で行くと、車では通らない道を選ぶことが多くなります。
●車の通りが少なくて走りやすい。 ●珍しいものが見つかることがある ●近道ができる。というような理由でしょうか。

最初の湿原への道は、途中で自転車も降りて、あぜ道のようなところを歩いてきました。ところがこれは不用意なことでした。戻ってみると、強風で自転車が倒れ、前篭に入れておいた返却図書が、川のすぐそばに投げ出されていました。一冊足りないような気がして、川の中、橋の下を見るのですが、それらしいものは見つかりません。弁償覚悟で帰宅すると・・・・ありましたcoldsweats01

次の図書館を出たときは、もう暗くなり始めていました。借りればいいものを、1冊読んできたからです。近道をしようと、集落の中の通ったことのない道を行きました。自分が方向音痴だとは重々承知しているのですが、またもやってしまいました。気がついたときは、目的地ははるか遠くに見えて、その上の夕焼け空が黒く変わろうとしていました。現在地は不明だけれど、とにかくあの明かりに近づくように進もうと決めました。何とか正規のルートに入ったとき、これは近道どころか2倍走ったことになるとわかりました。wobbly

さてスーパでの買い物を済ませて外に出ると、気温はぐんと下がって、風はビュービュー。でも帰らないわけにも。田んぼの中の未舗装の道路は、1度通ったことがあり近道のはずと、またも裏道に。T字路でどっちにしようか迷って、ハンドルがぶれた時、強い風が来てバランスが崩れてしまった。あわや水の中にというところを、何とか避けられたものの、斜面で自転車の下敷きとなってしまった。必死になって起き上がって、篭から飛び出したものを拾い集めて帰りました。weep

さすがそれ以上はありませんでしたが、ライトをつけて自転車をこぐのって、重労働ですね。帰宅したら眩暈がするほどでした。sadお粗末な俄かバイカー顛末記です

2011年1月 4日 (火)

【921】ドジ始

今年のドジ始は、昨日の新春登山ではないだろうか。(それまでの2日間、完璧にできたというわけではないが。)

山の会の集合時間はいつもam7時。事前の申し込みは必要なく、その時間までに来ていたものが参加者となる。新春登山の案内が届いた時、「正月は遅くなるのだったかなあ」と思った記憶がある。思って確認して、「やっぱりいつも通りなんかあ」と思ったと記憶している。その記憶を信じ、直前に確認することはしなかった。

当日am5時半起床。「ふーっ、久しぶりに早起きしたなあ。やっぱり寒いわ。おせちの残りがあるから、食事の用意は簡単でいいよね。」と、あわただしく準備。余裕があるはずの時間が、だんだん厳しくなってくる。外は凍り付いて、車のフロントガラスはガチガチ。遅れたら置いていかれると、まだ薄暗い中を飛び出した。

到着すると、まだ乗り合わせる車は見えず、乗用車が4台ほど駐車している。「いつもよりやや早め。今年は優秀だなあ」
 定刻5分前になっても、他の車がやってこない。「うっ、変だ。まさか日にちや時間を間違っていたのでは。電話で聞いてみようかな。いやいや、もうちょっと待ってみよう。」
だんだん明るくなってくる。

その時、メンバーの一人Nさんの車と記憶していた車が、駐車場から出て行ってしまった。「まっさか集合場所が違ったとか・・・」不安はますます増大。「7時半まで待ってみよう」
東雲の雲の赤さが薄れて行く。

7時半を過ぎ、もうほとんど絶望的と思ったとき、Nさんの車が帰ってきた。もうじっとしてはおられない。コンコンコン、運転席の窓をノック。「今日何時からでしたっけ?」「8時だと。ワシも間違ってた。今、ガソリン給油に行ってきた。」

まあね、誰かに迷惑をかけたわけじゃなし、山は楽しかったので、どうってことはないのですが。

P1110751 きょうは散歩の途中、「厠」ということばが出てこない。漢字はわかるのに、読みが思い出せない。このあいだまで「厨⇒くりや」が覚えられず、苦労したものだから「くりや」しか出ない。よく似た語感だったんだけど、なんだったかなあ。散々頭を振って「かわ*」まで思い出せた。カワの後に何がつくんだっけ。こうなったら、五十音全部あてはめたら出てくるはず。カワア、カワイ、カワウ、カワエ、カワオ、カワカ、カワキ、カワク・・・・ふーっ濁音じゃなかったよなあ。カワム、カワネ、カワモ、カワヤ、かわや、そうそう「かわや」なんだ、「くりや」の「や」をつければ良かったのか。

 水仙の香の置いてある厠かな  あおめ   散々苦労したのに、この駄作。「ドジ」じゃなく「ボケ」がはじまったに違いない。

2010年11月29日 (月)

【902】コスモスの種

家の傍の畑の一画を、コスモス畑にしていた。野菜を作っても食べきれないし、何も植えずにおけは雑草がひどくなる。ならば手のかからない花でも生やしておこうという発想である。もう何年も、秋になるとコスモスで埋まる一角を、勤めがなくなったのを機に、もう少しましな状態にしようと思った。

これまでは、種のできるまでそのままにして、翌年は落ちた種が芽が出てまたコスモスが咲くという、放任状態だった。このやり方では、コスモスの丈が伸びすぎて、倒れやすくなる。倒れてもまた茎から根を出して花をつける丈夫さはあるけれど、真に見苦しい状態になる。今年は、春に出た芽はすべて引き抜いて、遅くから出た芽だけを育てたが、やはり育ちすぎとなってしまった。背丈を短くするには、種をまく時期を遅らせると人に聞いて、種をとることにした。

せっかく種を取るのだから、気に入った花にしようと思った。一面に咲いているコスモスも、一つずつ見ると、花弁の枚数や色、形が微妙に違っている。基本色、赤(えんじ)、ピンク、白をまず集めた。あとは気に入った花がついている茎に印をつけ、種ができるのを待った。

種が黒くなって、地面に落ちる直前に採って小袋に詰める。こまめにそれを繰り返し、やっとさいごの種が採れるようになった。小袋には、ずっしりという感じで種がたまっている。軽く押さえると、黒くなった種はポロポロ落ちて袋に入る。覗くとガクの部分が一緒に入っているので、ふーぅと吹いて吹き飛ばす。ゆすって上下入れ替えてまた吹く。もうこれくらいでいいかなあ、後もう一回ふーぅ。

そのとたん、小袋は手から離れて砂利の地面にまっ逆さま。

ボーゼン! ここ一月の、地味な作業はなんだったのだろう。もう泣きたくなるドジ。

そのあたりの砂利をかき集め、ふるいにかけてみると、小さい石の間に、コスモスの種がある。種だから、このまま蒔いても多分芽が出るだろうけれど・・・結局半日かけて、石と種をより分けた。より分けた種は、元の3分の2あったかどうか。この貴重な種、来年うまく咲くだろうか。

2010年7月28日 (水)

【830】レシピ半量

酷暑の毎日、よく冷やした夏の生野菜は食が細くなりそうなときでも、スッと喉を通る。レタスやキュウリ、トマトなど、皿に盛り上がるほどいれ、これまた冷やしたドレッシングをかけて食べる。そのドレッシングなのだが、市販品が豊富に出回っている。しかし、手ごろな値段で、好みに合う味のものというのはそう多くはない。

あまりにもドレッシングの消費が激しいので、この際手作りしてみることにした。SMSで、実家で覚えた「タマネギドレッシング」のレシピを載せてくれた人がいた。簡単そうだし、生野菜によく会いますというコメントにも惹かれました。またタマネギがないと物足りないと思う、タマネギ好きです。

材料は特別なものは何もなく、常備食品ばかりです。分量を見てみると、出来上がったら相当の量になりそうです。どれだけ日持ちがするかわからないし、容器もないし・・・と、半量で作ることにしました。

よく見えるところへ分量のメモを置いて、タマネギ2分の一をおろし金で卸し、そこへ2分の一量の酢を入れてと。さて次は砂糖ね。砂糖1カップって、何グラムだったっけ、はかりで計るか。それにしても多いなあ、すっごく甘そう、ちょっと控えめにしておこう。これもボールに加えて。(ザッー)うわ!どうしょう!砂糖半量にするのを忘れて・・・・・・、あ~ぁ、もう酢に溶けちゃったあ~。

結局砂糖にあわせて、酢もタマネギも追加となりました。ボールにいっぱいできました。ご近所に配って歩こうかな。でもお味は、ばっちりOK。しかも、レシピにあった「油」を入れなくてもいけるので、ダイエットにはこちらのほうがよさそう。

しかしこの手の失敗、懲りずによくやるなあ。葛餅を作ろうと澱粉に水を入れたが、なぜか物凄く固い。あれも水の分量を1桁間違えたんだったっけ。

 (参考) たまねぎドレッシングのレシピは、こんなものでした。
   玉葱 大1個   酢 200cc  砂糖 100g  醤油 200cc  油 300cc
    玉葱はすりおろすかミキサーにかけ、あとの調味料と混ぜるだけ。