フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

歳時記

カテゴリ「散歩」の4件の投稿 Feed

2016年12月26日 (月)

【1655】山仕舞い?

今年の残りがあとわずかになって、気持ちだけはセカセカ、イライラして、体は全く動いてない。いっぱいやることがある。でも天気予報では、明日からは寒さが増して、雪の心配もあるらしい。・・・となれば、今日ぐらいが山の登り納めかなと、年末の忙しい中、My home-groundともいうべき横山丘陵の最高点まで行ってきた。

石田神社登山口から入り、尾根を伝って送電線点検路を下山。

石田神社の前で、御手洗の竹筒とひしゃくの棚が、青々とした竹に変わっていた。手拭も真っ白。「年用意」という季語が浮かんだ。
このところ、俳句結社の主宰への年賀状の一句が出てこないので、イライラはさらに募る。

Dscn7272

石田山公園から林道を少し進んで、「城跡まで十町」の標。ここから道草をせずに登れば、頂上まで30分。落ち葉でふかふかの道を進む。

昨日、山に入ろうとしたら、イノシシ狩りの人たちが入山していて、散弾銃など食らってはたまらないので、他のルートに変えて歩いた。どこかにその成果の痕跡がないかと思ったが、イノシシの掘り返した跡しか見当たらなかった。
ニュースで、彦根城でイノシシが出て、襲われた人があったといっていた。食料の少ない冬は凶暴だとか。今まで平気で山に入っていたけれど、考えないといけないかなあ。

当然ながら誰にも合わず山頂。伊吹山は、北側が少し白い。

Dscn7275

尾根道は手入れされていて歩きよい。ただ、山頂直下の急な個所が崩れていて、雪が積もってからは歩きにくいだろうと思われた。木でも生えていればロープを張るのだが、笹ばかりなので支えるところがない。

家を出て1時間30分後の帰宅だった。すこしは体が温まった。

2016年11月22日 (火)

【1653】くぬぎ黄葉

横山丘陵は、長浜市と米原市の境にある。その北端西斜面は、見事なクヌギ林になっていて、私の気に入りの場所です。

天候の良い日に、紅葉のクヌギの下を歩きたいと思っていたが、体が空かず、葉の色が白っぽく褪せてしまった。ついに今日、日が照りだしたので「今だ」と思って出かけたが、また曇ってしまった。それでもやっぱりここはいい。

P1140030

姉川の合戦で、信長の陣があったところから登りはじめる。このあたりは、息長氏ゆらいの古墳が10以上並んでいる。尾根を進むというのは、古墳めぐりをしているようなものだ。

Dscn7177

西日のクヌギの裸木もすばらしい。それは12月に入ってから。

2016年1月17日 (日)

【1607】八条山散歩

久しぶりの八条山。いつもと逆コースを回ってみよう。(反時計回り)

林道入り口右手の階段に取り付く。すぐに獣害除けの柵。うまく締めてないよ、これじゃあイノシシが押したら開いてしまう。正しく締めて進む。

階段の連続。これも訓練と思って、休まないで登る。やっと展望台。でも寒いから通過点。

少し緩やかな登りになって、また階段が見える。右を見たら、別の道がある。古い木の階段は幅が優しい感じ。茂みを横切って、古い道に移る。

並行していると見えたのに、だんだん離れていく。とりあえず、登りであれば進んでみよう。

下りに移る地点で、尾根めいたところに移って、もとに道を探す。どうやら別尾根に出てしまったみたい。尾根の付け根で合流。

夏ならうっそうとしている場所も、冬場は明るくっていい。その代り風がまともに来て冷たい。

頂上の展望台に出る。伊吹山がバッチリ。長浜市も一望・・・といいたいが、広くなった長浜市は一望できない。

Dscn4999

鎖場?に出る。最初のころは、階段の手すりだった鎖が、階段が崩壊して本当に鎖場のようだ。逆回りの時は好きな場所だ。

今度は下り階段。

Dscn5001_2


あっという間に揚水場の広場に着いた。あとは舗装道路を戻るだけ。

ふと見ると、地図がある。ハイキングルート以外にも歩けそう。今度来たとき探ってみよう。

Dscn5003

散歩時間30分、少し物足りない。

出口近くでまた柵を開けて出る。

2016年1月10日 (日)

【1604】賤ヶ岳(けもの道)

近くまで来たからと、今日の散歩は賤ヶ岳で。

一番オーソドックスな登り道は、リフト乗り場横の登山口から。余呉湖や、飯の浦の登山口もよくつかわれるかもしれない。でも今回は、観音堂の横にも登り口があると聞いたことがあるので、そこからトライしてみることにした。

リフト乗り場から山際の道を東に走り、余呉川に出る手前に、祠と野神があった。「観音堂の横から」というのは多分ここの事だろうと、車を降りてザックを背負った。だが、ここから山に入ることは出来なかった。獣害除けの柵があって、「あぶない電気柵」という警告が掲げられている。電流は明るいうちは切られているはずと思っても、昨年の事故を思うと触れるのはためらわれる。

Dscn4947

「しかたがない、リフトのところから登るかな」と、車を返したが、途中の伊香具神社の前に登山路が書かれていて、この神社の横からも一本線が出ている。ダメもとで試してみようと、神社の左の坂を登った。やはり柵があったが、針金で止めてあるだけなので、開けて入ることができた。

Dscn4966

砂防工事がされた谷川沿いを登っていくと、林道に出た。左(山頂方向)はすぐに行き止まり。右は多分違うと思いつつ、登り口が見つからないので進んでいくと、野神のところの電気柵まで来てしまった。しかたがないから、引き返す。最初林道に出たところまで戻って、登りはじめから1時間弱経過。

登り口があるとすれば、ここしかない!・・・という場所が一か所。けもの道としてはずした場所だけれど、少し登ってみることにした。イノシシらしき足跡があるが、人の踏み跡とも見えなくない。進むべきか戻るべきか、心は揺れつつ結局上へ上へと足を運んでいた。

やっぱり人の道だなあと思い始めたころ、赤いテープが目に留まるようになった。テープを巻いた金具が所々で地面に挿してある。ほっとして、そのテープが行く先にあるのを確認する。しかし、すごい道だ。

Dscn4949

行く手に、祠が見えたときは驚いた。こんな山の中にと思うような立派な祠だ。正月前、ここの掃除に来た人がいるのかもしれない。

Dscn4952

さてその先、どちらへ進めばいいのか・・・・。来た方と反対側に道らしきものがあるが、下っているような気配がする。いったん下ってまた上るのか?しばらく悩んで、祠の右に登れそうなところがあるので、そちらを進むことにした。

ところが、もうテープは全くない。人の踏み跡か獣の踏み跡かわからぬまま、かすかな跡をたどっていく。もし、引き返さねばならなくなったときにと、所々でテープで印をつける。でもこんな道、引き返すのは嫌だとおもいつつ。

木立のあいだから空が見えたときは、あそこまで行けばと、ほっとした。尾根に出てみると、賤ヶ岳の東尾根、猿の馬場よりもさらに500m程東だった。

一旦頂上に出て、下りはリフトの横から下りることにした。頂上は誰もいなかった。薄暗くなり始めた山道を急いで降りた。

Dscn4962

帰りのために着けたテープは、結局そのままになってしまった。とりあえず登れたものの、誰かがあのテープを見て、登れると思ったら・・・・・ごめんなさい、はずせなくて。

あんまりひどい道だったので、写真を撮ることも忘れ、必死で登った。なので、林道からの登り口の写真もない。

帰宅して、国土地理院の地図を見ると、神社横からの道はなかった。大音集落から、山の途中まで延びている道が、祠への道かもしれない。また機会を見て、今度は地図を用意してトライしてみようと思う。

伊香具神社(13:08)⇒林道(13:20)⇒林道麓まで往復⇒斜面トライ(13:57)⇒祠(14:12)⇒尾根(14:35)⇒頂上(14:45)⇒リフト口(15:15)⇒伊香具神社(15:23)